R+houseでは、住宅購入に不可欠な10年間の瑕疵担保責任保険への加入や住宅性能証明書の発行などを実施しております。

また、地盤保証につきましては環境に配慮した地盤保証サービス「BIOS(ビオス)」を推奨しております。

10年間の瑕疵担保責任について

【第三者機関】
財団法人 住宅保証機構
日本住宅保証検査機構
株式会社ハウスジーメン など

【概要】
新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負っています。

平成21年10月1日よりスタートした住宅瑕疵担保履行法は瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けています。
尚、●●会社名またはブランド名挿入●●は上記第三者機関の●●保険(保険名)に加入し、検査も受けて建築を行なっておりますので、ご安心ください。

●●会社名またはブランド名挿入●●の住宅は第三者機関による厳密な検査、各種保証を受けています。
住宅業界では珍しい品質保証のISO9001/14001も取得しています。今後とも品質マネジメントシステム(ISO9001)と環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証企業としての責任と誇りを持って、社会に貢献できる企業を目指してまいります。

地盤保証について

【第三者機関】
一般社団法人 住宅不動産資産価値保全保証協会

【概要】
安心な住生活を送るためにも地盤の強度が保証されていることが重要です。地盤改良の有無に関わらず、すべての住宅において地盤保証を付与することが求められています。

その中でもオーガニック地盤保証BIOSは、地盤の強さだけでなく、土壌の汚染についてもセメントゼロという確固たる基準を設けることで、地盤を公正に調査・解析し、環境汚染の心配のない安全な地盤を保証しているサービスです。

保証限度額は最高5,000万円までとなっています。また、保証期間についても、地盤について公正に調査・解析しているからこそ実現可能な最高30年保証という業界最長の保証を受けることができます。

安心の30年保証
● 地盤に関しての重要なポイント
・ 将来における地盤改良撤去費用を考慮すること
・ 液状化、地震に強い地盤改良工法を選定すること
・ 地盤保証の選定についても、上記3点に適合した保証サービスを選定すること