あとで変えられないところからコストをかけていく

R+houseの価格=スタンダード+オプション


R+houseは標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアする性能を持っています。
省エネルギーで耐久性も耐震性も高い住宅が標準仕様で実現できます。

R+houseの標準仕様はデザイン・性能・コストを両立するために、寸法・仕様・外観・設備それぞれに「ルール」を設定しています。
断熱材やサッシなど性能に関わる部分、床材など後から変えるのが難しい部分からしっかりと固めた仕様なのです。
この標準仕様で建てた場合の価格がR+houseのスタンダードプライスです。

R+houseは標準仕様の中で幅広い家づくりを実現できるようになっていますが、標準仕様を超えた仕様にしていくことも可能です。ご予算に応じて必要な部分をオプションで足していく自分だけのマイホームをデザインすることができるのがR+houseの家づくりです。予算に合わせてこだわりのオプションを追加して、家族の理想の家をアトリエ建築家と創っていきましょう。