スタッフブログ

高気密高断熱とは・・・

2019年2月18日|カテゴリー「スタッフブログ_竹村
高気密高断熱
上の写真を見てください。
左がペットボトルにフタが空いている状態。
右はサーモスの水筒。
冷たい水はどちらが長く維持するでしょうか?
答えは明白ですよね?
そんな当たり前の事聞くな!と言われちゃうくらい。

では、
左が低気密低断熱の家。(ペットボトルの外壁にフタが空いてるので気密も何もあったもんじゃない)
右が高気密高断熱の家。(魔法瓶でいつまでも冷たい。フタがしっかり閉めてあるので高気密)
だったとしら、どちらの家に住みたいですか?

冬でも夏でも同じ。
低気密低断熱の家はずっとエアコンを付けっぱなし。(切った瞬間冷めちゃいます。)
あなたはそれでも、左の家を選びますか?

基礎立上り打設

2019年2月17日|カテゴリー「喫茶店日記_安田Rhouse
天端ならし
                武豊町楠にて基礎の立上り打設している写真です。
               コンクリート表面が硬化したらレベラー流しをします。
           レベラー流しとは、建物の土台が乗るために水平を取る為に必要な作業です
         これをやらないと建物の端と端で高さが大きく違ってビー玉が転がる事になります。
         
               自社の基礎屋さんは端と端で誤差0.2㎜以下で施工をしています。
                  1/200以上の傾きがあると健康障害になります。
             なので建物の一番重要な部分になるので精度よく施工しています。

建築家との3回目打ち合わせ

2019年2月16日|カテゴリー「スタッフブログ_森下
打ち合わせ
こんにちは。東海ホームズの森下です。
タイムリーにお伝えするつもりがアップするのが遅くなってしまいました。

先週、建築家の先生と3回目の打ち合わせがありました。
今回は、
二回目打ち合わせでの変更点の確認、
カウンター高さや位置の確認、
外観(外壁、玄関ドア、屋根、ポーチ)の仕様打ち合わせ、
床材、窓(型板ガラスか透明ガラスにするか)の仕様の打ち合わせが行われました。

今回で建築家の先生との打ち合わせは最後になります。
わずか三回の打ち合わせで基本設計を完了いたしました。

この日から4日後、インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせがあり、
クロス、床材、サッシ、玄関ドア、建具、カーテン等々の細かな打ち合わせをし、
いよいよお施主様との打ち合わせも終盤になってまいりました。

打ち合わせがすべて完了すれば、いよいよ着工に入っていきます。
お引渡しまでの様子をアップしていこうと思っていますので、チェックしてください♪



家族の絆

2019年2月6日|カテゴリー「スタッフブログ_竹村
最近、親へ「ありがとう」と言えていますか? 大事に育ててくれた親の想い。ずっと昔から暮らしていた実家。 私たちが大切にしていかなければいけない事に気づくヒントが隠されているはずです。

私たちは住宅を建築する会社。
ただ、私たちが造るのはオシャレで高性能な家ではありません。
私たちが造るのはオシャレで高性能な家に住む家族の未来です。

外部胴差座彫り穴吹付

2019年2月3日|カテゴリー「喫茶店日記_安田Rhouse
ウレタンフォーム
                     知多市つつじか丘新築工事にて

       白く盛り上がっている所にボルトの座彫りがしてあるのでそこから断熱欠損にならないように
                ウレタンを充填して耐力面材を施工していきます。
                
                  この工法は昔ながらの在来工法になります。
             最近では金物工法(ピン工法)というのが多いですが東海ホームズでは
                   昔ながらの在来工法で施工しています。

                2020年には高気密高断熱が国の建築基準法に変わる。
                  自社では更に先のZEHにも取り組んでいます。
                   興味があるかたぜひ会社に来てください。
pagetop