基礎断熱
住宅の床の断熱には大きく2種類の断熱方法があります。
基礎断熱と床断熱。

私たちR+houseでは基礎断熱を採用しております。


そのの一番のメリットは、気密が取りやすい点と、
床に高低差があっても断熱ラインが取りやすく、断熱欠損になりにくい事です。

また、床下に外気を取り入れないので、床下を室内と同じ温熱環境に出来ます。

冬場に室温が20度、外気温が0度の場合、基礎断熱工法では、
1階床下の温度は室内温度と比較して1~2度低くなる程度です。

夏は、室内の熱を基礎ベースであるコンクリートが吸収することで涼しさを生みます。
基礎コンクリートは、室内の熱を吸収して24℃程度になり、
その温度を秋から冬にかけて下げながら18度程度を保ち冬に入ります。

どっちが正解と言う事はないですが、快適な居住空間を創造する為に、基礎断熱にしている訳です。
正直、基礎断熱の方が職人さんからしたら面倒くさい。
でも、その家に住まわれる方が快適に住めるために手間は推しません。