南側道路の土地は、あまりおすすめしません!?(陥りがちな土地探しの間違い)

お客様と土地探しをしていると「南側道路の土地」を探す方が良くいらっしゃいます。
理由を聞くと「太陽の光が入る南側に道路や駐車スペースを設けることになり、建物に光が届きやすい最高の土地条件」だからだとの理由を挙げられます。


しかしそれは本当でしょうか?


実は私、南側道路の敷地があまり好きではありません。
なぜかというと、この立地で家を建てると1階南側の一番良い場所にリビングを設け引違いの大きな窓によって外構を取り入れるプランが横行していますが、このプランには大きな落とし穴があります。


70~80坪もある大きな敷地であれば駐車スペースと家の間に大きな庭が取れてステキなLDKとなるのですが、世の中に出回っているほとんどの土地は残念ながらその広さがないのです。
つまり40~50坪くらいの普通に流通している土地では駐車スペースの後ろにすぐ家を配置せざるを得ず、リビングから見える景色は自分の車という配置にどうしてもなってしまいます。
また道路には当然歩行者があります。
通勤通学であれば急ぎ足で通過しますのでまだ良いのですが、散歩や犬の散歩で通過する方たちがいて、ともすると桜の花びらが舞っていると「どこに桜の木があるのか探したり」、金木犀の香りがすれば「どこに植えてあるのか周囲をうかがったり」され、リビングで無警戒に過ごしていると目があったりすることが良く起こってしまいます。


どこの住宅地でも良いのでそんな視点で、実際に南側道路に建っている家をよく観察してみて下さい。
するとほとんどの家ではカーテンを閉めっぱなしにしているという現実に気が付くはずです。
これでは何のために価格の高い南側道路の土地をわざわざ買って家を建てたのか、よくわからないと思いませんか?


2e8b59bde0030afaf2650b0cf05a1d42
こうした場合に私たち東海ホームズでは南側道路であってもあえて2階リビングにすることでカーテンを開けたままでもプライバシーが守れる家や、建物の配置や窓の配置を工夫して道路からの視線が家の中に入らないプランを提案します。


私たちの土地探しは「欠点を建物プランで解消できる土地」「良いところを建物でさらに際立たせられる土地」そんな宝探しを、お客様と一緒にさせていただきます。


土地が無ければプランはできませんがお客様が本当に欲しいのは「その土地の上に建つ建物」であり、「そのお住まいの中でのしあわせな家庭生活」のはずです。


後悔のない家づくりのためには、土地は工務店と一緒に探した方が良いと考えていますが、いかがでしょう?



(追伸)
北側道路やくせ地でのプランの話も書きたかったのですが、字数が多くなりすぎましたのでまた改めて記事を書きます。
詳しい話など聞きたければいくらでもお話しますのでお気軽におたずねください。


大府市・半田市・常滑市・知多市・東海市をはじめとする知多半島や、刈谷市・知立市・高浜市・安城市・碧南市の土地探しは、結構得意だったりします。